So-net無料ブログ作成

五黄の寅

寅(とら、いん)は十二支のひとつ。通常十二支の中で第3番目に数えられる。前は丑、次は卯である。寅年は、西暦年を12で割って6が余る年が寅の年となる。寅の月は旧暦1月寅の刻は午前4時を中心とする約2時間寅の方は東北東よりやや北寄り(北東微南)の方角である。五行は木気陰陽は陽である。「寅」は「螾」(いん:「動く」の意味)で、春が来て草木が生ずる状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の虎が割り当てられた。五黄の寅五黄の寅年生まれは気が強いと言われ、この年に女子が産まれることを忌む俗習がある(「丙午」も参考)。読みは「ごおうのとら」だが、訛って「ごごうのとら」などとも言われる。五黄の寅は36年に1回訪れ、前回は1986年、次回は2022年である。寅を含む干支丙寅戊寅庚寅壬寅甲寅関連項目寅年現象 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%85」より作成カテゴリ: 干支

<掘り出しニュース>小林一茶の俳句、新たに見つかる(毎日新聞)
「きんたくん」弁当を発売=兵庫県川西市〔地域〕(時事通信)
菅家さん「謝罪、物足りない」…足利事件無罪論告(読売新聞)
「プリウス」ブレーキに苦情=日米で112件−国交省、トヨタに調査指示(時事通信)
<裁判員裁判>障害ある候補者に手話通訳手配せず 高知(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。