So-net無料ブログ作成
検索選択

石川被告離党に閣僚から評価の声相次ぐ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で起訴された同党衆院議員、石川知裕被告が離党届を提出したことについて、12日、閣僚から「よく決断した」(仙谷由人国家戦略担当相)など評価する発言が相次いだ。

 菅直人副総理兼財務相は「本人の判断としてよかった」と評価した。平野博文官房長官は「同僚議員の立場では残念な思いだ。本人が自ら断腸の思いで結論を導いたことは、個人的には理解する」と述べた。前原誠司国交相も「今までの国会活動でいい人物と思っているので政治家として頑張ってもらいたい」と述べた。

 一方、小沢氏と距離を置く枝野幸男行政刷新担当相は「国民のみなさんが理解、納得していただけるかどうか。国民の皆さんが判断することだ」と含みを持たせた。

 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)の同日の閣議後の会見で、「(石川被告は)記者会見もしているが、(内容を)修正しているところもある。政治家として国民に説明すべきだ」と述べ、石川被告に対して改めて説明責任を果たすよう求めた。

【関連記事】
北沢防衛相「きちんと本人が身の処し方を定めた」 石川被告の民主党離党で
鳩山首相、石川議員離党は「熟慮重ねた重い結論だ」
平野官房長官「どうのこうのと言う立場にない」
石川議員離党は“尻尾切り” 公明・山口代表
世論無視…小沢幹事長ついに身内からも強烈ヤジ「辞めろ!」

広域連合協議 「議員1人以上」主張 福岡贈収賄 逮捕の町村会前局長(産経新聞)
雑記帳 ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)
新宿区が障害給付の申請拒否で謝罪(医療介護CBニュース)
150億円?ローソン子会社専務ら不正流用(読売新聞)
下関市で「ふくの日」祈願祭(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。